HOME 買取 基本 デスク チェア その他

c2008 office design. All Rights Reserved.

オフィスの環境問題
オフィスの分煙基礎知識
 

 オフィス家具の選び方 デスク編

 

形状

 

オフィスデスクの形状は、一般的に「平デスク」「片袖デスク」「両袖デスク」に分けられています。

片袖・両袖デスクは、デスク自体に収納としての機能の袖箱が付いていて、A4 サイズや B4 サイズの書類や
小物、CD・DVD などが収納できます。

平デスクは収納としての機能は引き出し程度で、収納が必要な場合はサイドワゴンを付属することで補助しましょう。
部署移動などが多い場合は、平デスクにキャスターの付いたサイドワゴンを併用したパターンにして、
席の移動などはワゴンを移動するだけにすると便利でしょう。

また、天板(作業面)が一般的な方形に加えてL字型や波型のような曲線タイプのものなどがあります。

 

部屋の広さや価格面等様々な制約があると思いますが、一般事務や営業職等は方形のデスク、
エンジニアやデザイナーは波型やL字型、というように、仕事の特性を考えてデスクを選択しましょう。

 

サイズ

オフィスデスクは、幅・奥行が標準的な寸法として JIS 規格で定められています。

JIS 規格

80〜100cm、以降 10cm 単位で 180cm まで

奥行

60cm、70cm、80cm の 3 種類

高さ

70cm

 

奥行、高さ

高さは 70cm、幅は 80cm、1m 以上は 10cm 単位で 1.8m まで規定されていて奥行は、60cm、70cm、80cm の3種類が規定されています。ほとんどのオフィスでは奥行 70cm で構成されていることが多く、パソコンのモニターが液晶タイプになっている現在では、奥行 60cm でも充分対応できます。

 

幅に関しては、昔はパソコンが一人1台の時代ではなかった事や、オフィスでの業務作業に対する重要性が低かったこともあり、1m のデスクが多く身請けられましたが、現在では 1.2m〜1.4m、場合によっては 1.6m と一人当たりの作業スペースの広いデスクが多くなってきています。デスク形状として VDT 作業に適した、90 度や 120 度デスクや波型デスクなどもあり、作業に合わせたデスク形状、レイアウトをえらびましょう。

 

カラー

 

天板のカラーは基本的にライトグレーやベージュ系が中心ですが、最近はホワイトや木目柄(色調は様々あります)
などもかなり使用されていますので、会社のイメージなどを考慮した上で決めましょう。

 

袖箱

 

天板の形状以外に袖箱の有無による種類もいくつかあります。
デスク下の袖箱が片方だけにある片袖机、両側に袖箱がある両袖机、袖箱が無い平机、
デスク横に並べて使用する脇机、役員用の木製家具でよく見受ける吊り袖タイプのもの等があげられます。

このうち平机はデスク下に収められるキャスター付のデスクインサイドワゴンを使用する事が多いようです。
レイアウト変更を頻繁に行う企業は平机+インサイドワゴンだと移動もスムーズに行えますが、
価格面で考えると袖机を選択した方がコストパフォーマンスが良いでしょう。
また最近平机は4本脚のテーブルタイプのものが主流のようです。

以上のように様々な形状のデスクがあるので、自分の会社の特性やイメージを考えて選んでいきましょう。

Favorite

御茶ノ水にある美容院
http://www.azest-az.com/

Last update:2017/2/9

 

TOPへ